星影にひそむ星々の会話~星座の文法~

精神障害者ピアサポーターをしている僕の徒然

私、時には、日記

高温多湿の東京。

夏休みを排除して働きっぱなし。

疲れがピークに差し掛かるこんな頃、ハッ、と気づけば通勤電車内でだらしなく爆睡していたりもする。とても恥ずかしい瞬間。ヨダレを垂れ流していないだけ、まだマシかな。宵の口になればもう蟋蟀がたくさん合唱している。季節は移ろいつゝある。昨夜は錦糸町のファッション・モールで仕事して、偶々《すみだJAZZフェスティバル》というのが開催され、その分いつもよりお客さんが多かったんだけれど、そのJAZZの最後が素晴らしかった。圧巻だった。

f:id:atorie-hama3o2o3s1965447:20170820170218j:image

ふんどし姿のひとりの男が和太鼓を懸命に叩き、震動が下町いっぱいに広がっていく、あのドップラー効果のように。髪の毛を結いあげる和服姿の女性が多数いた。もうお客でいっぱい。これでもか、というくらいにお客がいて、警察官が人々を整理している。《明日も仕事》だなんて感覚がスッ飛んで、僕はJAZZの演奏に聞き入った。光りが錯乱したかのように右往左往する。重低音が内臓に響く。サーチライトがスポットライトになり、無数が一点に、一点が無数に、それが現代流の侘び寂びとなっている。下町がリフレッシュする。小糠雨が降っていたが、それもまた風情となる。

 

今日の仕事。

仲間のバイクに乗せてもらい目的地へ。日曜日だとは知らなかった。感覚が麻痺している。バイクで風切る心地良さ。

f:id:atorie-hama3o2o3s1965447:20170820172207j:image

日付をこんな風に、陽射しと月あかりが更新する。このままでいいのかなぁ、と、不安に駆られる。和太鼓とバイクの凄まじい爆音がそんな不安を一蹴してくれればいいのに。