星影にひそむ星々の会話~星座の文法~

精神障害者ピアサポートをしている僕の徒然

お年賀状を書く季節

今、チョッと空腹気味です(^_^)

そろそろ冬至が差し迫る季節となりました。

ゆず湯にゆったり浸かりつつ、この一年を振り返る頃です。

こういう時世に際して、俳句や短歌を少しでも、拙くても佳いから、詠めたならなぁとつくづく感じます。俳句のサークルに入った経験もない僕ですが、過去に俳句の天分のある仲間がいて、とても親切な方々でした。非常に繊細で、無骨なところがなく、しかもお洒落さんでキュートな方々でした。コッソリ申し上げてしまいますと、やっぱり片想いをしていたようで、凜としたところもある大変な努力家の女性はモテますね。幾つかの彼女の俳句をすっかり諳んじています。僕は、憧れていたんですね。病気と闘いながら、そう彼女は仰っていました。難病で。

神経の病という難病と闘いながら俳句を毎日、書く、その辛さ。ついつい心細くなってしまいがちな日々を俳句で埋め尽くすことの素晴らしさ、そばにいて僕は彼女を敬いました。何年にも亘るお付き合いのなかで、僕はひとりぼっちの儘、彼女はひとりぼっちの儘、二人でお互いふたりぼっちの儘でした。その間に、彼女のお父様が他界され、ほんとうにふたりぼっちの儘でした。彼女の哀しみは気が狂わん限りで、神経の病がいっそう進んでしまい、僕自身はどう立ち居振る舞ったら佳いのか分からず、軽々に発言するなど以ての外でしたし、さりとて重苦しい話題は出せず、ふたりぼっちの儘に哀しみました。彼女はお花が大好きでしたから、僕は当面のあいだお花の写真を撮り続けておりました。彼女は『早稲田文学』を定期的に読んで「これ、どう?」などと話しました。

 

次第に、彼女の俳句は観念的な傾向になり、重たい雰囲気になりました。ココロになんらかのバリアを張ってしまっていたように、僕には感じられました。そのバリアによって、僕は遠ざけられたかのようでした。途轍もなく彼女も僕も孤独で・・・。

 

当時の僕にとって苦痛だったのは、生命保険のCMでした。加えて僕の高校時代の親友が、CMに頻繁に出演していたのでした。TVのスイッチをONにすれば、かつての親友が現れる、そんなフツーが辛かったなぁ。

 

フツー、というその言葉それ自体が、辛いときもあります。

 

一体いつになったら、フツー、という語になれるんだろう?