星影にひそむ星々の会話~星座の文法~

精神障害者ピアサポーターをしている僕の徒然

なんとなくクリスマス

慌ただしく師走も佳境にさしかかり、今日はなんとなくクリスマス。

今日の就労移行支援センターのプログラムも多忙でした。

2014年にもさようなら。

大晦日がもう差し迫っています。

たぶん次の転職先も私は販売職。

ばんばん商品が売れると佳いのだけれど、世の中は世知辛いから、そう簡単には稼げないかも。障害者枠での給料は、安いから。

クリスマスケーキのローソクをぼんやり眺めていることにも飽きてしまう。こうしてなんとなくクリスマスの夜が更ける。楽しいことは、友達の満面の笑顔。私は冗談ばかりを飛ばしてる。友達がお腹を抱えて笑うのが、私の唯一の楽しみ。たくさんの友達が今日も笑い、笑い転げているその表情をみて満足する私。

 

明日は支援センターの大掃除。おそらく明日もまたたくさんの友達が私の飛ばす冗談で笑い転げる。それが私のささやかな歓び。

 

みんなにありがとうと言いたい。100万ドルの笑顔で。

f:id:atorie-hama3o2o3s1965447:20141225201019j:plain