星影にひそむ星々の会話~星座の文法~

精神障害者ピアサポーターをしている僕の徒然

祝日の朝

おはようございます。

幸いの祝日の朝、ご機嫌いかがでしょうか?

冬至を越えていちにちが経ちましたが、気分はまだ冬至

睡眠をたっぷりとらなくっちゃいけないのに、風邪をひいていることの息苦しさもあって、昨夜もあんまり眠れず仕舞いです。特にノドの渇きにはマイリました。眠りが浅いのか、頭の中がグルグルグルグルしてました。

 

今日が何の日なのかもよく分からなかったんだけれど、祝日とはたいていそんなもので、カレンダーでやっと「あぁ、◯◯の日なんだ」と気づく程度。しかも突然、祝日が増えていたりもするから、単純にラッキーだと無邪気に歓んだりするのは私の幼児性がなせる技なのでしょうか。律儀に窓から国旗を掲げることもせず、まぁラッキーなんですね。でも非正規雇用の従業員だったりする弱みがあれば、それでお金が入らなくなるのだから、不幸です。

 

障害者枠として職務に従事する場合、私はいつも非正規雇用ばかりで正社員になったことがなく、薄給に甘んじています。正社員になることが至難の業だから、アンラッキーなことばかりが職場では続きます。仕方ないかな、と、なんとなくうなだれて納得しちゃうのが、悲しい現実。これを打開しようという戦意もとっくに失われ、なんとなく。

 

こんなはずじゃなかったのに、と、落胆することさえなくなっちゃった昨今の私は、もう疲れ果てていて、憂さ晴らしの気力すらありません。で、岡崎京子さんのマンガに納得しちゃっている最近です。なにか面白いことないかなぁ、とは思うものの、単調な日々が続きます。

f:id:atorie-hama3o2o3s1965447:20141223053417j:plain