星影にひそむ星々の会話~星座の文法~

精神障害者ピアサポーターをしている僕の徒然

Photo

私、時には、日記

高温多湿の東京。 夏休みを排除して働きっぱなし。 疲れがピークに差し掛かるこんな頃、ハッ、と気づけば通勤電車内でだらしなく爆睡していたりもする。とても恥ずかしい瞬間。ヨダレを垂れ流していないだけ、まだマシかな。宵の口になればもう蟋蟀がたくさ…

安逸を安逸として嫌う勿れ

続く仕事の狭間で、僕は書く。 気怠い、尾崎豊の『I LOVE YOU』が流れているのを、どこかしら怪訝に感じ、秘かに僕は疎んじている。或る種の怠惰、勤勉への反抗、学校への冒瀆、そうやって自己肯定感を維持するいじらしさの矮小を、いったいどこの誰が《小っ…

新たな椅子

新しい椅子を買いました。 お洒落な椅子を選ぶのが、大変でした。 椎間板ヘルニアを患っているから、ちゃんとした椅子でなければ… センスと実務との融合。

東京スカイツリー

強くもちたい自己肯定感

自虐的になるのは悪い仕種ではないと思う。 恥を引き受けることと同じくらい、むしろ大切なことなんだと思う。 終戦記念日。72回目の終戦記念日。 正確には敗戦記念日なのかなぁ。 ともあれ、平和が尊重される歳月が定着した。 僕の伯父は、戦死している。二…

ぶっ通しで仕事、真夏を駆け抜けよう❣️

今日から来週の金曜日まで、ギッチリ仕事のスケジュールが組まれている。土曜、日曜、そんな重宝なものはあったものではない。言い方が「紳士的ではない」かもしれないが、土日も糞もあったものではない。体調を崩すとかなんとか、ささやかなそんなこともあ…

秋の風〜亡くなった伯母

仕事から帰ると、伯母が亡くなったとの報せを受けた。 伯母は年老いていた。僕がまだ小さかった頃、いつも可愛がってくれた。東北訛りがなくならない、苦労に苦労を重ねた心優しい人だった。僕にとっての伯母のイメージは、上野駅で、沢庵と柔らかいうどんが…

💝癒やしから始まった筈なのに💝

迷いに迷って中二病、 恋煩いを秘めて咲く錯乱の華。 僕たちが「ぼく」だった正にその頃、 恋に足許をすくわれて、 転んだ。 健やかさの証しだった涙、 遠く、遠く、太宰治から遠く離れ、 一気にソシュールに追いつき、ラカンに追いつき、 現実ではない言語…

血の涙、不思議な危うさ

夜空の帳をあけて満月がぼんやり浮かび上がるとき、ウサギは何を想うだろう。 ウサギは、ジョン・アップダイクの『走れウサギ』のこともあれば、アマミノクロウサギのこともある。 双方、あまり仲が良いとは必ずしも言えず、その間をハブが苦しそうにのたう…

猫のいない寂寥感

猫、仔猫。 猫を見かけない日があると、忽ち僕は窒息する。 首でもくくらなければならない、そのくらいの淋しさに襲われる。 ビョーキなのかもしれないし、ビョーキというのは如何にも大袈裟なのかもしれない。ビョーキというのは、特に心因性のそれはその程…

仕事にうつつを抜かす我ら日本人の哀れ

ガッツリ今日も仕事をした。 気温と湿度が高くなるにつれ仕事量を高める我ら日本人とはいったい何だろう? 自虐的だ、そう難じる向きがあるのは百も承知で、しかし自虐的なことだとしても、自虐を可能にする「風土」があるのは事実だと思う。こんな風に書く…

妖怪ものを好む僕は下町ッ子

京極夏彦さんの小説が好きで、あの怖〜い噺の進め方に感嘆する。 面白いからどんどん読める。 朝顔の咲く頃まで読み続けるのは、不健康なのかもしれない。 夜更けに読むと却って面白さが増長する場合もある。 イギリスの作家が得意とする幽霊のでる小説など…

大晦日の宵

いろいろなことがあったこの一年でした。 最初の頃は、縷々とした具合にPCでデータベースを作っていました。それが当時の僕の主な仕事で、胃が痛む思いでした。 以来、あっという間の一年(こういう体言止めを作家の京極夏彦さんは嫌う)。 だけど(この品詞を…

ひとり

生まれ落ちて、最期まで、 わたしの主観は、ひとり。 揺り籠から墓場まで、その経済の仮説も危うく、 最果てに運ばれ始めて分かる誤謬。 ひとりのわたしがひとりのあなたと水の中で出会う。 孤独が闇によって隠される、 この宵の口に、昼間の喧噪が残骸とし…

美しさ

なんの衒いもなく女性が優しく手を差し伸べる。 母性からではなく、女らしさからでもなく、 そっと顔を赤らめて、差し伸べる。 ありがとう、僕は言った。 その後のことは、秘密です。

交歓

ある誠実は、やがて不実になる。 ある不実は、やがて誠実になる。 今や、誠実も不実もなく、 歴史に連なる現実がある。

神話と正義

神話が耕すと、 正義が斧をふるって稲の首を落とすから、 またやり直しになる。 仕舞いに正義が神話を斧で断ち切るから、 永遠が途絶えてしまう。 クリスマスに、祈る。 願いが届くのは、いつ?

1月2日から仕事です

働くことが好きなので、1月2日から仕事が始まります。1月1日から仕事にしたかったのですが、「それって、マズいよ」と言われて、仕方なく2日からの仕事になりました。まぁ1月1日から仕事を致しますと、夢も希望も利用者さんに与えることがムズカシイとのご判…

お年賀状を書く季節

今、チョッと空腹気味です(^_^) そろそろ冬至が差し迫る季節となりました。 ゆず湯にゆったり浸かりつつ、この一年を振り返る頃です。 こういう時世に際して、俳句や短歌を少しでも、拙くても佳いから、詠めたならなぁとつくづく感じます。俳句のサークルに…

これからも生き続ける愉しみ

生きていることそれ自体がラッキーだと感じることの幸せは、絶望が存在していることが鍵になっているのかもしれない。数多の不運、無数の不幸せ、裏切られたことによる涙、信頼相手の不在、難解な病、想像の限界、自嘲の混在する孤独、壁、信じることの著し…

意味を問わない愉しみ

土砂降りの雨だった今日の午前中、その昼前あたりから雨上がり、帰宅時の電車の中はさぞかし置き忘れの傘がたくさん並ぶのだろうな、そんな心配をしていた。仕事場から東京スカイツリーが見える。その界隈の一角に、僕の部屋がある。一角、というとなんだか…

体感温度0°

ここ都内の下町、東京スカイツリー界隈では、とても寒い朝を迎えています。 小雨がパラつき、まだ夜は明けぬ、6°しかない生憎の気候です。電車は遅延しそうな気配です。6時26分に日が出る見込みだったのが、この空模様ではとても太陽は望めません。スマホは…

負けるのが巧くなった昨今の強み

負けず嫌いだった。 凡庸、という言葉を好んだ。 社交辞令に慣れなかった。 「親譲りの無鉄砲で、子供の時分より損ばかりしている」 そんなだった。 凡庸さについてお話させていただきます 作者: 蓮實重彦 出版社/メーカー: 中央公論社 発売日: 1986/10 メデ…

恵比寿の光景

愛することは罪ですか?

どなたかの配偶者ならばいざ知らず、そうでない独身者を愛することは罪ですか? マルセル・デュシャンの作品だったろうか、フランスの芸術家の作品に『彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁でさえも』と題する美術がある。デュシャンといえばとかくスキャ…

行くぞ!

お金がたとえ巨万あったとしても、そんなものは邪魔なんだ。役に立たないそんなものは、この際僕は除外したい。さりとて精神的にのみ生きることはムズカシイ。欲望には様々なものがある。中でも取り分け人間にとっての最大の欲望は金銭欲であり、性欲ではな…

母とフリーマーケットへ

都内の下町のフリーマーケットへ朝一番で行きました。母と一緒です。 写真の奥に佇むのが東京スカイツリーです。 学生の頃、統合失調症になった僕は、何かと母に心配や迷惑をかけてしまったから、母親孝行のつもりで、なるべく一緒にいる時間を共有したいと…

スーパームーン前夜

こんばんは。 つい先程、宵の口に撮った月の写真です。 昨日が実は《介護の日》だったんですね。でも《ポッキーの日》だとする見解に押し潰されそうになったのは悲しい現実でした。かろうじて新聞だけは《介護の日》としてたくさんの記載をしてくれてはいま…

気にせず前へ進もう

憐れさから遠ざかり、遙か凌駕して遠ざかり、 頑なな沈黙からも遠ざかり、 涙への嗜好も全く無しで、 追憶を頼りにしながら、 追憶さえもを時には打ち破り、 私たちは進もう。 幻影の最果てにいたことを想起せず、 薄暗い蠟燭を吹き消して、 LEDを灯そう。 …

Office Home & Business 2016

Office Home & Business 2016をオンライン上でMicrosoftから購入した。 全部で37584円だった。 今まではOffice2013を使っていた。 Office Home & Business 2016は2台のPC用だから、2台目のPCのためにプロダクトキーをプリントアウトして保管することにした…